細菌にやられた歯

方法を知る

いびきを軽減させる効果的な方法

いびきは、かいている本人、一緒の空間にいる人の双方に悪影響を与えるものですよね。恋人のいびきが原因で不眠になる、うるさくてケンカになるといったケースがあったり、健康面では睡眠時無呼吸症候群という病気を有している方がいる可能性もあり、注意が必要です。 いいことなしの「いびき」ですが、これを抑制するのに有効な対策として、近年マウスピースを使った治療法が注目されています。専門的にはスリープスプリントと呼ばれるものですが、下あごを強制的に前方向に出す働きがあり、舌が沈み込むのを緩和することで気道のスペースを確保し、いびきや無呼吸を軽減させる効果があります。このマウスピースは、専門の医療機関から睡眠時無呼吸症候群の確定診断が出ている場合には保険適応となりますが、ただいびきの改善目的で作る場合には保険適応にはなりません。

誰に作ってもらえばよいのか

もし、いびきの他に寝ている最中に一瞬呼吸が止まるような症状がみられる場合には、睡眠を専門に診ている医師に相談し、マウスピースの使用も視野に入れた対応策を検討していきましょう。 マウスピースはあごの骨格にあわせて作るので、主に歯科医院で作ることになりますが、眠っている時に装着するためなるべく骨格に適した不快の少ないマウスピースを作る必要があり、制作には経験が必要です。どこの歯科医院でも対応できるわけではないので注意が必要です。 睡眠専門のクリニックや大きな病院の睡眠外来など、専門に診ているところを受診し紹介してもらうのが一番簡便な方法かもしれません。専門機関が近くにない場合は、呼吸器系の医師に相談してみるのも手でしょう。